おすすめ記事

おすすめ 学生生活 生活

2020/9/26

野球はおすすめしない

タイトルからして身も蓋もない話ですが これ本当におすすめしません 最後まで読めば確かにこれはいかんなと思います Contents1 筆者の野球歴2 今の野球人口はどうなっているか3 おすすめしない理由1:金がかかる4 おすすめしない理由2:結果が出にくい5 おすすめしない理由3:人がクソ6 おすすめしない理由4:頭が悪くなる7 おすすめしない理由5:怪我しやすい8 野球をやめたらどうするか9 今野球をやってて今後どうしようか迷っているあなたへ 筆者の野球歴 私は小学4年生から野球を始めました 最初は少年野 ...

ReadMore

おすすめ デジタル ブログ関連

2020/9/21

[はてなブログから]羽田空港サーバーにブログ移行をお願いした話[wordpressへ]

みなさんこんにちは 実は今月からはてなブログからwordpressへ移行しました 理由としてはみなさんがwordpressでブログやる理由と同じで、ブログで利益を得たいからです 本当に純粋な話なので、まぁ私の話はさておき 今回ははてなブログからwordpressに移行するにあたり、自分では作業する術も時間もなかったので こちらのサイト 羽田空港サーバー【無料】はてなブログからWordPressへの移行サービスについてhttps://www.haneda-airport-server.com/entry/h ...

ReadMore

おすすめ デジタル

2020/10/4

「IPhoneSE」3年8か月ぶりにスマホを買い替えたら感動するレベルだった件[使い心地レビュー]

みなさんこんにちは 私事ながら本当に久しぶりにスマホを買い替えました 最初は記事にするつもりはなかったのですが、使い心地があまりにもよかったのでブログ記事にしたいと思います Contents 1 1 購入経緯 2 2 実際に使ってみて 3 3 どういう人が買うべきか 4 4 IPhoneSEはどこで買うのが安いか 1 購入経緯 1.1 今まで使ってたスマホ 今まではSHAPE製のAQUOS ZETA SH-04Hという機種を使っていました www.nttdocomo.co.jp 今でこそ低性能に思えるので ...

ReadMore

おすすめ スマブラ

2020/10/4

カムイについて色々思うこと

今回は僕がスマブラSPでメインで使用しているカムイについて、自分の考えを書いてみたいと思う ネガティブなことを書いてたり、ポジティブなことも書いてたりするが、ぜひ最後まで読んでいただけると幸いです Contents 1 0 はじめに(自己紹介) 2 1 カムイについて 3 2 スマブラSPにおけるカムイ 4 3 まとめ 0 はじめに(自己紹介) 私は前作スマブラforから本格的にスマブラを始めたものです。(始めた時点でアラサーで現時点で30歳こえてますorz) 今作も発売日からプレイしており、VIPマッチ ...

ReadMore

おすすめ デジタル

2020/7/6

eo光10G/5Gコースサービス開始!しかし・・・

私は現在eo光を契約している   そんなeo光からこんな知らせが届いた   eonet.jp そう、ついにeo光でも上り下り最大10Gコースが誕生したのだ   ついに自分自身が求めていたサービスが開始され、これを見たときは本当に内心は踊っていた   しかし、冷静に考えてみると   10Gを実現するためにはいくつもの壁があることを思いつき   結論からいうと、今回はまだ契約しないことにした   いずれ契約するのだが、今はまだその時ではないということだけお伝えしておく   今の通信速度が最大1Gが多いので、1 ...

ReadMore

おすすめ ゲーム全般 スマブラ

2020/7/6

スマブラSPのオンライン対戦で遅延を感じる方へ

この記事はswitch版スマブラSPでの記事になります 前回のWiiUでの記事はこちらになります degitalliving.net スマブラSPをやってて遅延を感じる ボタンを押したのに押せてない反応になる そんなイライラを少しでも解消できないかと思い、この記事を書きました しかし、世の中にはオンラインについていろいろ書かれているので 僕はまた違った点で書きたいと思います (前回あった記事を載せようと思ったスマメイト記事がURL変更されて消えていた・・・) 今回は金がかかるものが多いです 通常の設定だけ ...

ReadMore

PC おすすめ デジタル

2020/7/6

Dell G3 15 (たぶん)日本最速レビュー

先日、前々から欲しかったノートパソコンが届きました   それがこちらです   Dell G3 15 | Dell 日本   きたときに撮った写真がこちら     ACアダプダが130ワットもあるのででかいです   少ししかつかってませんが、使い心地は素晴らしいです   やっぱりコア数が増えたことで今までよりもサクサク動きます   また、画面も大きくなり、解像度もよくなったので全体的により見やすくなりました   まぁパソコンを買ったことでまずやることはベンチマークです   これをしないことには前より性能がよ ...

ReadMore

スマホ デジタル

iPhone12徹底解説

みなさんこんにちは

今回は先日発表されたiPhone12について徹底的に解説しようと思います

この記事ではiPhone12によって何が進化したのかを徹底的に解説していきます。中には個人的感想も多々ありますがご了承下さい。

iPhoneシリーズ一覧

まずは比較のため今回のシリーズの主な機能を並べてみました。iPhone11や私のメイン機のiPhoneSEとも並べてみましたのでぜひご覧ください。

iPhone12 Pro MaxiPhone12 ProiPhone12iPhone12 miniiPhone11 Pro MaxiPhone11 ProiPhone11iPhoneSE(2020)
画面の大きさ6.7インチ6.1インチ6.1インチ5.4インチ6.5インチ5.8インチ6.1インチ4.7インチ
ディスプレイの種類有機EL液晶
カメラ種類超広角+広角+望遠超広角+広角超広角+広角+望遠超広角+広角広角のみ
ナイトモード超広角、広角、動画でもOK広角のみOKなし
ビデオ性能4K、フルHD(どちらも60fpsまで可)4K、フルHD(どちらも60fpsまで可)
フロントカメラ4K、フルHD(どちらも60fpsまで可)4K、フルHD(どちらも60fpsまで可)フルHD
最大ズーム5倍4倍2倍2倍4倍4倍2倍2倍
LiDARスキャナ有り無し
SoCA14 Bionic(5nm)A13 Bionic(7nm)
メモリ6GB4GB3GB
連続ビデオ再生時間20時間17時間17時間15時間20時間18時間17時間13時間
電池容量3687mAh2775mAh2775mAh2227mAh3969mAh3046mAh3110mAh1821
セキュア認証Face ID1821mAh
解像度2778×12842532×11702532×11702340×10802688×12422436×11251792×8281334×750
サイズ160.8×78.1×7.4146.7×71.5×7.4146.7×71.5×7.4131.5×64.2×7.4158×77.8×8.1144×71.4×8.1150.9×75.7×8.3138.4×67.3×7.3
重量226g187g162g133g226g188g194g148g
SIMnanoSIM+eSIM
容量と値段128GB 117,800~
256GB 126,800~
512GB 150,800~
128GB 106,800~
256GB 117,800~
512GB 139,800~
64GB 85,800~
128GB 90,800~
256GB 101,800~
64GB 74,800~
128GB 79,800~
256GB 90,800~
64GB 130,900~
256GB 149,380~
512GB 173,580~
64GB 117,480~
256GB 135,080~
512GB 159,280~
64GB 64,800~
128GB 69,800~
256GB 80,800~
64GB 44,800~
128GB 49,800~
256GB 60,800~

A14 Bionic

5nm製造プロセス採用

おそらく世界で初めてではないだろうか

製造プロセスが前回の7nmから5nmへさらに細分化されました

これによってさらに省電力化&ハイパフォーマンス化となりました

ただ少し気になったのは前回と同じCPUが6コアという点です。スナップドラゴンが基本8コアに対して6コアというのはそこまでしなくても性能は出るということなのでしょう

CPUだけでいえば同じARM系列を使っているはずなんですけどね。なぜにこうコア数が違うくても性能が追いついたり追い越したりするのだろうか

Antutuベンチマークが57万点へ

まぁこれはリークものなので情報が定かではないのですが、前回の52万前後を超える57万点を記録しています

ただ、注目すべき点はCPUの項目がかなり伸びていることです。このCPUが伸びているということは処理能力が上がり

さくさくだったのがさらにサクサクに進化します。機械というのは速さが第一ですのでこの性能UPは素直に嬉しいです。

ゲームがより快適に

SoCの性能が上がるということはその分ゲームでもその威力は発揮します

今回の発表でもLeague Of LegendsがiPhone12でプレイできるとの報道がありました

つまり、今まではゲームをより楽しむのにゲーミングスマホを買っていたのがiPhone12で全て解決します

正直これほどまでに隙のないスマホは初めてです

カメラ

ノーマルとProで違う

ここは11でも同じ構成でしたが、今回は明確に差をつけてきました

ノーマルは広角と超広角のみ

ここもいつも通りです。しかし普通にカメラを使うのであればこの2種類で十分です

画質も前回同様4kまで対応していますので、写真や動画を綺麗に残すのであればiPhone12を選んでおけばまず問題はないです

あと少し期待をしたのが、画角が11に比べて広くなっているのではいかと思っています

センサーサイズも強化しているでしょうから今までよりも広く(そんなに差はないと思うが)写真を撮れると思います

Proは広角+超広角+望遠

Proはここに望遠カメラが搭載されます。これも11と同じですね。

ただこれも予想なのですが11よりかはズームしてもより高精細に写真が撮れると思います

カメラ性能にこだわりたいというのなら断然Proにしたほうがおすすめです

もう一眼レフとかわらないかな?

(Proのみだが)RAWでの撮影+編集が可能

まずRAWとは何?という人は下のサイトを先にご確認ください

つまり、画像をいったん圧縮せずにそのままの色合いで編集ができるのです。

これで微妙な光具合も全て把握でき、より細かい加工ができあがります

つまり、今回のProは一般向けというよりかはクリエイター向けに作られているのではないかと思われます

超広角と望遠、動画モードでナイトモードが可能になった

11までは広角のみにナイトモードが搭載されていたのですが、今回は全てのカメラにナイトモードが追加されました

ナイトモードにするのはiPhone側で自動的に感知しますので、ユーザー側は特に意識することなく昼でも夜でもどんなモードでもキレイに写真を撮ることができます

写真はApple公式サイトから

HDR対応でさらに美しく

HDRというのは太陽なのど光をよりうつくしくとらえる機能です。

これによってたとえ逆行でも綺麗に写真を撮ることができます

このHDR機能をiPhone側でさらに高めて自動的にホワイトバランスを調整したり色の色彩なども自動で調整してくれます

写真はApple公式サイトから

LiDARスキャナで距離を正確に

LiDARとは「Light Detection and Ranging」といって光を使った距離測定のことです

これにより、ナイトモードでのオートフォーカス速度も6倍となり、ユーザー側でいちいちピントを合わせる必要がなくなります

つまり今回のiPhone12Proのカメラはユーザーが何も考える必要もなく

撮影対象にも何も考える必要なくピントがあい、さらに夜景まで強くなるという弱点が何もなくなった最強カメラを備えたスマホなのではないでしょうか

カメラにとことんこだわりたいという人はiPhone12Proに買い替えるのはおおいにありだと思います

参考URL↓

本体

デザイン刷新で衝撃に強くなった

11まではどちらかというと丸みを帯びたデザインだったのだが、今回からはiPhone5のようはシャープなデザインになりました

素材も医療に使われるステンレススチールを使用しており、落としても壊れにくいようになっています

スマホを胸ポケットに入れている人はかがんだときによく落として壊れたなんてこともよくあるかと思います

スマホは今や高価なものになっていますので、たとえ落としても丈夫な作りになっているのは安心ですね

防水性能IP68を強化

iPhoneは防水性能もばっちり備えています

11では水深2メートルで最大30分つかっていても耐えられる設計になっています

12ではさらに深く水深6メートルで最大30分まで耐えれます

ただ、この耐水性能の表し方ではユーザーにはわかりにくいですし、そもそもそんな深くまで落とさないのでAppleはこの表現はなんとかしたほうがいいと思います

有機ELディスプレイで色鮮やかに

これは液晶画面だけではわかりにくいと思います

液晶と有機ELパネルの違いをいち早く見ようと思ったら家電量販店のテレビコーナーに行けばその違いは判ると思います

とにかく色合いがキレイで特に黒色が自然な黒に見えます(誤差とは思いますが)

画像は下のサイトからお借りしました

MagSafeで安全に無線充電

MagSafeとはiPhoneの背面に磁石を埋め込み、無線充電時に正確な位置でしかもずり落ちないように設計されています

さらにこの磁石は無線充電だけに対応しているのではなくアクセサリとして使え、公式サイトではポケットアクセサリも販売しています

gifファイルは下のサイトから

軽量化に成功

11で最大のネックであった重量。11では194gとめちゃくちゃ重たかったのですが

今回の12は30gも軽量化しました。正直162gという数字は近年のスマホだと軽い部類に入ります

この部分はAppleよく頑張ったと言わざるを得ないと思います

最近のスマホは重い・・・

誰にも望まれていないLightning端子

なぜ継続なのでしょうか。iPadではtype-cになったのになぜiPhoneでは継続なのでしょうか

もしかしたらこれは利権が絡んでいるのでしょうか

確かに独自規格なので売れればかなりの利益になります

最後の砦として利益確保として最後までLightning端子にすると思います

裏で誰かが牛耳ってる

5G

5Gは確かに速いが今はいらない

5Gは前に記事にしたことがあるので気になる方はこちらの記事を読んでいただきたい

世界中でこの5Gにやたら力を入れていますが、正直使えるエリアもまだまだ狭いですし、日常で使えたもんでもありません

しかも、5Gを使おうとなると新たに5Gプランに変更しなければならないというめんどくささの塊なのです

まぁ時代の流れなので対応せざるを得ないのかなという印象です

ミリ波に対応(ただし日本版は非対応)

そもそもミリ波って何という人はこちらの記事をご覧ください

簡単に言えば高い周波数のことでさっきの私の記事内の3つのメリット

 

・低遅延

・超高速通信

・多接続

の3つを簡単にクリアできます。ですが、この周波数は日本ではまだまだ範囲が狭すぎますし発展するとしてもまだまだ先の話です

なので今はまだなくてもいいので別に対応してなくても何も思わなくてもいいです

電池

電池容量は減少

前回の11に比べたら約1割減少しています

普通は世代が変われば電池容量は基本的に増えるのですが、今回は逆に減らしたとしてもたいして変わらないという結果になったのでしょう

なぜそのような結果になったのかはおそらく次で話すA14Bionicと軽量化を優先したのではないかと考えています

A14 Bionicのおかげで電池持ち変わらず

最初に話したようにA14 Bionicは製造プロセス5nmのSoCです

製造プロセスが細分化されたということはそれだけ性能が向上しさらに省電力性もアップしたのです

なので、今回電池容量が減ったとしても電池持ちは11のころと何ら変わることなく使えるようになったのです

ちなみに12は有機ELで動画再生も強化されたHDRを使用しているにも関わらず電池持ちが変わらないのですから

A14 Bionicの省電力性はかなり優秀なものととらえられます

今回は軽さ&省電力性を優先

11では重い重いとクレームが多かったのでしょう。さらにApple自身もこれ以上の性能アップはもう肉眼ではわからないレベルに到達したと考えた結果

今回は軽量化をほどこし製造プロセスを細分化してCPUのコア数をそのままにすることによって省電力化を実現したのだと思います

もし仮にCPUが8コアになっていたら性能こそはもっと上がると思うのですが

省電力性でいえば結構悪くなると思うので、電池持ちを同じにしようと思うと電池容量が増加し、結果として11より重量が重たくなったなんて事態も考えたのかもしれません

軽さを選ぶか電池持ちを選ぶかで相当悩んだと思います

値段

ノーマルは11よりも高くなった

これは当たり前かなと思います。SoCの性能はよくなった、カメラは最高性能、MagSafeもついて衝撃にも強くなった

さらに5Gにも対応してディスプレイは有機EL、11よりめちゃくちゃよくなったいるのに値段が11の発売当初よりも1万円しか変わらないのです

AppleといえばMacbookに見られるようにぼったくり価格で平気で出してきます

しかし今回の12はかなりユーザーユレンドリーな価格設定になっているんではないでしょうか

ProとMAXは安くなった

こちらはなんと前回より1万円以上安くなっているのです

Appleはいったいどうしたんだと疑いたくなるような値段設定なのです

前回はProとMAXはなかなか手が出しにくい機種だったのですが、今回は一番容量が低いものならかなり手が出しやすい機種になりました

10万と言えば高いのですが、Androidに比べてカメラ性能やLiDARスキャナ、編集ソフトとクリエイター向けと考えれば10万という値段は妥当なのではないでしょうか

今回の値段設定からAppleはProシリーズも売れてほしいという意気込みを感じます

もし買うなら絶対SIMフリー版

当たり前ですがキャリア版のSIMロックなんてのはもう時代遅れです

まぁAndroidのSIMフリー版を買おうとなるとどうしても海外から取り寄せないと手に入りにくいのでしょうがないとは思います(ソニーはSIMフリー版出したんだから他のメーカーのいつまでもキャリアに頼るな)

iPhoneを買う場合はSIMカードだけキャリアで購入して端末はApple公式ストアから買うのが一番安いです

間違ってもキャリアのお返しプログラムなんてものに入ってはいけません。あれは情弱のやることです。

その他

セキュア認証は顔認証のみ

これはしょうがないですね。個人的には横にでも指紋認証がほしかったのですが、かたくなに顔認証にこだわっていて

ノッチも一生消えないでしょうからあきらめるしかないかもしれません

今のiOSだとマスクありでも反応するはず

同梱物からACアダプタとイヤホンが削除

謎です。せめてACアダプタぐらい残してほしかったです。

まぁもとからiPhone持ってる人はいらないかもしれませんが、初めてiPhoneを購入する人は別で用意しなければなりません

そこもユーザーフレンドリーでいてほしかったよ・・・

もしtype cのACアダプタが欲しい人はこちらにもリンクを張っておきます

意味不明なLightning-type cケーブル

なぜそっちがtype cなのですか?そこはtypeAでいいです。

どうせ充電しても寝るときがほとんどなのでそこをtype cにして急速充電にしなくてもよかったです

デュアルSIM

相変わらずSIMとeSIMです。中国スマホだとDSDSはけっこう当たり前についていることが多いです

中にはmicroSDと兼用ですが、SIMが3枚刺さるスマホも存在します

まぁでも一般の人は一つの携帯に2番号も入れませんから必要ないですが

海外出張をよくする人はDSDS機能はかなり重要です。日本と外国の番号を持っておくといちいちスマホを二つ持たなくていいのでたいへん便利です

iPhone12に伴いiPhone11ProとMAXは販売終了

公式サイトにも販売ページはなくなりました。わずか1年での現役引退となってしまいました。

まぁ12Proがあるのでわざわざ11Proを買う人なんていないだろうというAppleの判断なのでしょう

これからはProがほしいという人は12Proを買っておけば問題ないです

まとめ

ライトユーザーは使いこなせない

ただ、こんなに機能もりもりに搭載したとしてもライトユーザーは全部使いこなすなんてのは難しいと思います

なのでライトユーザーからしたら完全にオーバースペックです

サクサク動くのはいいのですが、カメラがよくてもあんまり使わないという人には買うかどうか悩みどころだと思います

11か12だったら

これはもう圧倒的に12です。というか値下げされたとはいえ2万5千円追加するだけで半端ない機能強化されるのであれば11を選ぶなんてことはないです。

もう素直に12を選びましょう。ただ、11を今持っていてどうしても欲しいというのならば

11を下取りに出して12を手に入れると定価よりかは安く手に入ると思います

ノーマルかProだったら

これは正直悩みどころです。11のときはノーマルとProでは望遠があるかないかぐらいの差だったのですが。

今回はかなり明確に差をつけてきました。大きな違いとしては

・望遠の有無

・HDRビデオ撮影が30fpsか60fps

・LiDARスキャナーの有無

・輝度がちょっとだけ上

・ポートレートのナイトモードの有無

ぐらいです。簡単にいえば一般かクリエイターかの違いです。

もしあなたがインスタやyoutubeをやっていてカメラにこだわりたいというのであればProにすべきだと思います

12miniとSEだとコスパ負けする

実はminiとSEだと画面はminiのほうが大きく、筐体はSEのほうが大きいのです

画像はApple公式サイトから

なのでminiが狙うユーザーはライトユーザーだとわかります

しかし、私は待てと申したいです。なぜならライトユーザーはカメラの性能は別にそこまででむしろサクサク具合を重点とおいてます

確かにAntutuベンチマークが12は57万点に対してSEは47万点です

じゃあ10万点も差が開いているからサクサク差が変わるかといえば実はそこまで変わらないのです

ということはminiとSEの違いというのは「カメラ」性能だけということになります

しかも値段差は3万円も開きがあります。このカメラ性能だけでプラス3万を支払うというのは正直もったいないと思います

私はSEユーザーなのでSEを贔屓してはいますが、正直カメラだけのために3万円はプラスできないです

結論

・クリエイターはProシリーズ

・一般の人もしくは初めてのスマホの人はノーマル

・ネット閲覧やライン、動画視聴ぐらいのライトユーザーはSE

この3つに区分分けできると思います。まぁこれは私の見解なので最終的には自分の欲しい機種を買えばいいと思います。

今日も最後まで読んでいただきありがとうございました。

Twitterやってます。もしよろしければフォローお願いします。

-スマホ, デジタル

© 2020 社会人世の中を語る Powered by AFFINGER5